専門学校直轄のペット資格の通信専門学校【日本ケンネルカレッジ】の新着情報

ペット資格通信専門校 日本ケンネルカレッジ

お電話でのお問い合わせ 平日 10:30~20:00 029-866-0908
無料体験入学
  • 受講前の不安はQ&Aで解消
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
TOP > ケンネルカレッジからの最新情報 > 学習サポートの回答例

ケンネルカレッジからの新着情報

学習サポートの回答例

みなさん、こんにちは(*^▽^*)

天気予報では、39℃近い気温の予報もあります。

本当に命にかかわる高気温になるので

暑さに弱い愛犬の管理と自己管理には十分に

お気を付け下さいね(*^▽^*)

お昼ごろに犬の散歩姿をみると・・・とても

悲しくなります(´;ω;`)

 

今日は、学習サポートの回答例を少しご紹介

しますね(*^▽^*)

 

受講申込の特典としてついてくる

「学習サポートの回答例(トレーナー編)」は

とても人気があります。やはり、

聞きたいことがあっても

「どのように聞けばよいのか」

わからない方も多いようですね(^_^;)

 ・回答例のおかげで気軽に質問できました!

 ・質問する前に自分でもよく考えるように

  なりました・・・

などご意見をいただき先生たちも喜んでいます!

 

少し幅広い質問と回答をご紹介しますね(^^♪

 

例1)犬体モデルのブラッシングが終わりました

A.リボン付けまでありがとうございます(^^♪

  表層のブラッシングはよく出来ていると思います。

  カットはできる状態だと思いますが、犬体モデルは

  軽視されがちなブラッシングの大変さと重要性を

  学ぶ教具なので、もう少し根元の立ち上げが

  少なくなるようにブラッシングしてみて下さい。

  ラムクリップのカットラインを揃えていくと、

  思っている以上に残る被毛は少なくなります。

  なので根元までブラッシングできているか

  どうかでカットのしやすさが大きく異なって

  しまうのです。カットに進まれる際は、

  部位ごとに途中経過を画像等でお送りいただけると

  アドバイスいたしますので、よろしければ

  学習サポートで画像もお送り下さいね。

  あとリボン付けは、動画の方が確認しやすいです。

 

例2)熱中症の応急処置について教えて下さい

A.熱中症は、夏に多いのですが「暑さに弱い犬」

  にとっては一年中起こる可能性がありますので

  要注意事項になります! ご質問の件ですが、

  人もプールに入る前に準備運動をしたり、

  手足に水をかけてから入りますよね(^^♪

  このように、準備(体の馴れ)がないまま

  水(低温)をかけると、

  また頭や胸部にかけるということは

  「心臓発作(停止)」や「ショック状態」に

  陥る可能性がとても高くなるのです。

  昔、動物病院で研修していた時に、

  「熱中症になった犬を助けようとして氷水の中に

  犬を入れたら息をしなくなった・・・」という

  緊急通報を聴いたことがあります・・・

  あってはいけないことです。

  よくよく考えれば、自分がプールに入る時に

  注意している「常識」なのに、ペットのことに

  反映できなかったり、パニックになって何も

  できない飼い主が多いのです。動物は自ら備える

  ことができませんから熱中症にしないこと、

  応急処置を冷静に出来るように日ごろから

  イメージトレーニングを行うことが必要です。

  あと、熱中症の発症要因は

  「高温」「高湿度」「狭い空間」「不安や興奮」「高齢化」

  の組み合わせになります。犬は本当に暑さに弱いので、

  気温に馴らせつつ、予防することが大切になるのです(^^♪

 

例3)ハムスターの鳴き声について教えて下さい

A.動物学上、ハムスターはモルモットに比べて

  「鳴き声」でコミュニケーションを行なう動物

  ではありません。ただペットとして飼われている

  ということは、飼育環境下での経験を元に

  「反射的」な行動を身につけている可能性が

  あります。鳴くことで出してもらえたり、

  餌をもらえたりなど有益な経験をしたため

  鳴く習慣がついたと考えられますね。

  動物を飼う時はどうしても「人が飼いやすい環境」に

  なってしまいますが、本来動物が持つ本能や習性が

  出来る範囲で満たされる飼い方が望ましいのです。

 

いかがですか?

意外に質問内容は幅広いでしょ?

動物やぺット業に関する質問やご相談はいつでも

受け付けていますので、みなさんもご活用下さい。

ページの先頭へ戻る