老犬介護士とは?活躍できるフィールドはどんなところ?

ペット資格通信専門校 日本ケンネルカレッジ

お電話でのお問い合わせ 平日 10:30~20:00 029-866-0908
無料体験入学
  • 受講前の不安はQ&Aで解消
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
TOP > 老犬介護士 > 老犬介護士とは?
老犬介護士養成専門講座

老犬介護士とは?

  • 資料請求
  • 受講の申込み

犬が老いを迎える前にできること

犬の老化に向き合う日々を迎えるために、健康チェックと応急処置を学ぶことはとても大切なことです。
どんな犬でも必ず老いは訪れます。何もしないで老いを迎えた犬といつかくる老いに備えた犬とでは、高齢期を迎えた時に大きな違いがでてきます。
そして、老化のサインにいち早く気づいて生活環境の工夫を始めることが生活品質の向上につながります。
介護とは福祉の心をもってともに過ごすことなのです。

老犬ホームひまわりが監修した専門講座

つくばわんわんランドで、長年にわたり老犬介護を行なってきた動物看護師が得たノウハウをもとにわかりやすい専用教材を監修、制作しました。
愛犬の高齢化問題に手助けを行ない、悲しい思いをされている飼い主様に手を差し伸べることができる老犬介護士を目指します。

活躍が期待される職種や取得資格について

主な活躍の場

老犬ホーム、老犬シッター、動物病院、ペットホテル、ペットショップ他

取得可能資格

・JCSA 認定「老犬介護士」
・JCSA 認定「老犬介護士」インストラクターA・B・C 級 ※実技スク―リングの受講と各級試験の合格が必要
・◎「愛犬飼育管理士」※(社)ジャパンケネルクラブ

※愛犬飼育管理士を取得すれば、第一種動物取扱責任者の選定要件を満たすことが可能。
※JCSA とは一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会
※日本ケンネルカレッジでは上記の団体を推奨しています。

ページの先頭へ戻る