ペットビジネス総合学科とは?取得可能な資格とは?

ペット資格通信専門校 日本ケンネルカレッジ

お電話でのお問い合わせ 平日 10:30~20:00 029-866-0908
無料体験入学
  • 受講前の不安はQ&Aで解消
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
TOP > ペットビジネス総合学科 > ペットビジネス総合学科とは?
ペットビジネス総合学科講座

ペットビジネス総合学科とは?

  • 資料請求
  • 受講の申込み

ペット業界をリードする人材を育てる総合講座

次世代のペット業界を創造できる人材へ。
ペット業界にはトリマーやブリーダー、トレーナーやペットシッター、さらに各種関連グッズの販売に至るまで様々な業種があります。その一つひとつの業種は、ペット市場の中でお互いに影響を及ぼしています。
その接点を見つめ、さらに将来を予測しながら、次世代のペット業界を創造していく。それほどの可能性がペットビジネス総合学科をマスターした人にはあります。
この学科の修了生は、ペット業界で活躍できるすべての資格を取得でき、ペット業界のあらゆる分野に進出することも可能です。
また多くのペットビジネスを学習することで幅広い観点からペット市場全体を見渡すことができる人材を育成します。

業界新規参入をサポートできるプロフェッショナルへ

さらに本学科を修了した受講生には、新たな道も開かれています。
マイナス成長が叫ばれる日本経済においてペット業界は、プラス成長を記録してきた分野。 不況が続く日本においてペット業界は、企業はもちろん、個人においても魅力的に映ることでしょう。
そして、この有望なマーケットに対して企業は、新たな生き残り戦略を仕掛けているのです。
そのため、現在、ペット業界に新規参入を画策する企業は、確かに増えています。しかし実際には、業界経験や知識が不足しているため、新規参入を決断できない企業も多く存在しています。
そういった企業のコンサルティングを将来的に担えるのが、本学科でペット業界におけるトータルな知識とスキルをマスターした受講生なのです。
ペット業界における総合力を備えた人材の活躍の場は経済規模から見てもますます大きくなっていくことでしょう。

活躍が期待される職種や取得資格について

主な活躍の場

動物病院、動物園、ペットショップ、動物関連企業、ペットアドバイザー、ブリーダー、ペットテーマパーク、ペットホテル、ペットレジャー施設、動物プロダクション、家庭犬訓練士、盲導犬訓練センター、ペットシッター、ブリーダー 動物プロダクション 民間訓練所、ペットショップ、動物病院、ペットテーマパーク、ペットホテル、 ペットレジャー施設、ペット関連企業、ドッグカフェ、ペット関連企業他

取得可能資格

・JCSA 認定「動物看護士」
・JCSA 認定「ドッグトリマー」
・JCSA 認定「ドッグトレーナー」
・JCSA 認定「ドッグブリーダー」
・JCSA 認定「動物看護士」インストラクターA・B・C 級
・JCSA 認定「ドッグトリマー」インストラクターA・B・C 級
・JCSA 認定「ドッグトレーナー」インストラクターA・B・C 級
・JCSA 認定「ドッグブリーダー」インストラクターA・B・C 級
・◎「愛犬飼育管理士」※(社)ジャパンケネルクラブ

※愛犬飼育管理士を取得すれば、第一種動物取扱責任者の選定要件を満たすことが可能。
※JCSA とは一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会
※日本ケンネルカレッジでは上記の団体を推奨しています。

ページの先頭へ戻る